ビジネス問題解決手法によらない、医学関連理論にもよらない、闘病者の患者経験のみによるトラブル解消事例


患者の方程式

病気になると不安です。ナーバスになってしまいます。そんな中で医師や看護師とのコミュニケーションがうまくいかなくなると、だんだん病院側の言うことが信じられなくなってしまいます。医師のいうことは信じられても看護師のいうことは信じられなかったり、A看護師は信じられるけどB看護師だと不安になったり、、、ケースは様々です。
「病気には詳しいだろうが、あなたは私のこと分かってない」

コミュニケーションが良好になれば解決するのですが、良好にならないと患者さんの中にはなんとか自分自身(患者自身)で病気を分析して解決しようと試み「患者独自の方程式」を作ってしまいたくなる方もいらっしゃいます。
「自分の身体は自分が一番わかっている」

自分自身で方程式を作る努力よりは、医師や看護師としっかりとコミュニケーションをとる努力をしたほうが絶対にいい!と兄貴は思います。なぜなら「病院にかかるほどの事態だから」です。「切り傷は3日で治る」「内出血は1週間で消える」という経験則が通用しない事態にあるからこそ病院に来ているわけで、そういう事態のことは患者本人より病院側のほうが見えているからです。
「病院側と患者側がチームとなって病気と闘いましょう。」




◆患者Aの方程式
糖尿病で倒れ初めて病院に運ばれた患者A
体調が戻らないまま退院させられそうになっているときに作った方程式
『病院に入って血を何度も抜かれ、食事は少ないし、体重も減った。貧血気味で立ちくらみするけど、この立ちくらみは血を抜かれたせいだ。血を抜かれたのに栄養もあまり与えてもらえず、これじゃ貧血は治らない。減った5kgの体重は全て血液だ。輸血してもらわない限り退院はできないぞ』


◆患者Bの方程式
ヘルニア手術をした患者B
手術翌日の看護師とのやりとり。
『看護師はまだ歩いちゃダメだっていうけど、先生に手術でしっかり治してもらって手術前より良くなったんだから、歩いても大丈夫なんだ!看護師はぜんぜん分かってない。何より俺の身体は俺が一番わかってるんだから、大丈夫だって』


◆患者Cの方程式
点滴の遅さに我慢できない患者。
どうせ身体に入れるなら点滴じゃなくて飲んじゃえば早いんじゃない?



・患者自身にしか分からない情報を漏れなく提供すること
・病院側にできる技術・知識・情報を漏れなく提供すること
この2つをブレンドさせて病院側・患者側がチーム関係で治療に取り組むのがもっとも有効な解決策が得られる近道だと兄貴は思います。不慣れな場所で不安な中、気持ちが伝わらなくて悔しい思いをすることはあるかもしれませんが、病気を治すための正しいアプローチを病院スタッフの皆様と一緒に進めていくことが大事です。


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++