IMG_2790

(1)手術説明

(2)部屋で過ごす

(3)夕食

(4)浣腸

(5)部屋で過ごす

(6)就寝


(1)「手術説明がある」

前日までに「医師と話し合い」「看護師の説明」「麻酔科の説明」などのスケジュールをこなしますが、前日に改めて手術に向けてのスケジュール確認や必要品の確認などを看護師と行います。
以下の2点を確認しておきましょう。
   1.手術に必要な準備品
   2.手術に向けての疑問点

  

(2)「部屋で過ごす」

基本的には自由に過ごせば良いと思います。
意識する点を敢えて挙げるとするなら以下2点です。
1.同部屋患者に声掛け。
「手術後はバタバタしてご迷惑をかけてしまいますがよろしくお願いします。」などと声を掛けておくと手術後がとても過ごしやすくなります。
2.気分転換
しばらくベッド上から動けない患者さんの場合は、気分転換に病院内を歩いてみると良いかもしれません。
※風邪をもらったりしないよう注意してください。

  

(3)「夕食」

手術前日は夕食後か消灯後には「禁食」になることが多いと思います。最後の夕食は美味しいオカズを追加してみたりデザートを食べたりして過ごすと気分がリラックスします。
IMG_2682

  

(4)「浣腸」

使用する麻酔の種類や病状によっても変わりますが、多くは「浣腸」をして腸内を綺麗にします。
※浣腸をする頃から少しずつ緊張感に包まれてきたりします。

  

(5)「部屋で過ごす」

テレビを見たりして気分良く過ごす心がけをオススメします。手術後に必要なものがあれば前夜に揃えられれば間に合うので最終チェックをすることもオススメです。
就寝前においしいものを食べると元気が出てきます。

  

(6)「就寝」

よく寝ましょう。患者の間で「寝ないほうが麻酔が効きやすい」などという噂が流れたりしますが、その噂は間違いです。しっかり寝ることが大事です。

どうでしょうか?


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++