医師と患者のやりとりの「型」
~治療をスムーズに動かしていく手順~

患者をスムーズで充分な良い医療に導く対応~


①⇒②⇒③⇒④


①患者に聞くpart1

【内容】病状・私生活・仕事・住居・今後の人生について聞く
【意図】「自分の全てを理解した上で動いてくれる」と感じてもらうことで患者さんに安心感を持ってもらう。

治療には「機能回復」「社会復帰」という2つの側面を考える必要があると思いますが、患者が求めるのは「社会復帰」です。ですから「数値は正常でも患者の感覚として、社会復帰できそうにない」という違和感をもってしまうと、患者はまだ治療を続けたいと思いますし、医師は早く退院してほしいと思う。ここの解決をするためには第一段階で「社会復帰」を軸とした議論が必要であると兄貴は思うのです。



②選択肢を与える

【内容】「病院でできること」を提示する。
【意図】「患者に選んでもらう」ことで患者が前向きな選択ができる。





③ゴール設定をする

【内容】「どこまで改善するか」を提示する。
【意図】「患者と医師とのゴールを一致させる」ことでトラブルを回避する意図と、患者に早めの心構えをもってもらう意図があります。





④アプローチを依頼する

【内容】「患者にできること」を準備してもらう。
【意図】治療をスピードアップさせる意図とトラブル回避の意図があります。




どうでしょうか?


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++