病院は慣れない場所です。体調不良のなか不安を抱えたまま病院にかかるときには魔法の言葉があります。

「まぁ…こんなこともあるさ。」



大事なこと

病院と関わっているとストレスを多く感じると思います。不安と体調不良を抱えながら慣れない環境で初対面の方々と、聞きなれない医療用語で話しながら「自身の身体を治す」というとても大事なミッションを果たさなければならないのですから、仕方がないことです。

そんなときに大事なことは「病気を治す」ということだけに注力すること。そしてほかのストレスを上手に受け流すことです。受け流すためにこの言葉を使ってみてはいかがでしょうか?

「ナースコール押しても看護師が来ない、まぁこんなこともあるさ。
「薬出してって頼んだけど遅いなぁ、まぁこんなこともあるさ。
「看護師に話したのに全然伝わっていない、まぁこんなこともあるさ。

※患者側には病院の内部ルールが見えないだけで医療者の皆様は患者さんへの配慮を欠かすことはほぼありません。


どうでしょうか?頑張りましょうね。


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++