患者のコツ

とうびょうアニキです。 患者と医療者がスムーズで充分な良い医療を創っていけるよう、いつも願っています。

スムーズで充分な良い診療の「型」


医師と患者のやりとりの「型」
~治療をスムーズに動かしていく手順~

患者をスムーズで充分な良い医療に導く対応~


①⇒②⇒③⇒④


①患者に聞くpart1

【内容】病状・私生活・仕事・住居・今後の人生について聞く
【意図】「自分の全てを理解した上で動いてくれる」と感じてもらうことで患者さんに安心感を持ってもらう。

治療には「機能回復」「社会復帰」という2つの側面を考える必要があると思いますが、患者が求めるのは「社会復帰」です。ですから「数値は正常でも患者の感覚として、社会復帰できそうにない」という違和感をもってしまうと、患者はまだ治療を続けたいと思いますし、医師は早く退院してほしいと思う。ここの解決をするためには第一段階で「社会復帰」を軸とした議論が必要であると兄貴は思うのです。



②選択肢を与える

【内容】「病院でできること」を提示する。
【意図】「患者に選んでもらう」ことで患者が前向きな選択ができる。





③ゴール設定をする

【内容】「どこまで改善するか」を提示する。
【意図】「患者と医師とのゴールを一致させる」ことでトラブルを回避する意図と、患者に早めの心構えをもってもらう意図があります。





④アプローチを依頼する

【内容】「患者にできること」を準備してもらう。
【意図】治療をスピードアップさせる意図とトラブル回避の意図があります。




どうでしょうか?


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++

チーム関係の大切さ

病気を治すための患者と医療者の在るべき関係性は「チーム関係」だと思います。
病気を持った患者が病院に身を委ねる(A)のではなく患者と病院がチームとなって
病気と闘う(B)
という関係性を保つことが、良い医療を創り上げる大事なコツです。

(A)【患者】【病気】VS【病院】..........NG
(B)【患者】【病院】VS【病気】..........GOOD!
チーム関係


チーム関係を創る利点は2つあります。
①患者にとっての良い医療につながる。
②医療者にとっての良い医療につながる。

①について
病気が治っても治らなくても、患者は人生を前向きに歩んでいかなくてはいけま
せん。もし患者から見て「ヒドイ扱いをされた」「一生懸命診てくれなかった」などと
いう感想を持ってしまうと、退院後の患者の人生も前向きには進まなくなるかも
しれないのです。
   
「違う病院に行けばよかった」
「あの病院は許せない」
「あの病院に人生を狂わされた」


医師や看護師が患者とチーム関係を築いてくれ、患者の気持ちや意見も汲み取って
治療に参加させてくれたとしたならば、医師や看護師の一生懸命さが患者にも伝わ
り、病気が治っても治らなくても前向きに人生を歩んでいくことができるのです。
   
「この病院でよかった」
「一生懸命やっていただけた」
「この経験に感謝」


私(兄貴)自身、数々の病院と出会い病気は完治といきませんでしたが、スタッフ
の一生懸命さを受け取ったときに「ありがたい」と心から思えました。そして振り
返ると、チーム関係を作ってくれていたことに気付いたのです。


②について

チーム関係を築かない欠点は、患者の見えないところで自分の治療が進んでいくと
いうことです。そこを放置したままの医療は「結果を残します」という宣言に等しい
と兄貴は思います。







病院側が「私たちに任せてください」という関係性を持ってしまうと、結果を残す
ことが必要
となってしまいます。「私たちに任せてください」という関係性を
作ってしまう病院側の意図は「私たちがちゃんとやりますから患者は黙って言うこと
を聞いていてください」というメッセージであり、その裏には「人手が足りないから





ハードルが上がってしまうのです。





治癒が可能な
病気だけではない現状において、このような姿勢は「患者にとっての良い医療」と
いう側面からみると、必ずしも良い関係性ではないと思います。

病気が治っても治らなくても、患者が人生を前向きに歩んでいけるようにサポート
する唯一の方法が「チーム関係」を築くことだと兄貴は思います。


また「結果を残す」関係性は訴訟リスクをも高める結果となります。
日本の厳しい医療情勢の中で、患者に充分な時間と手をかけられない現状において
「結果を残します、任せてください」という姿勢はもっとも危険でもあるのです。
しかし時間と手をかけられずコミュニケーションが粗くなっている病院もあるのが
事実で、その粗い対応が患者への「結果を残します」宣言と受け取られてしまって
いることに、気付いていただけたらもっと対策があるのにな、と思います。

厳しい医療情勢で人手が足りないからこそ、患者にも協力をしてもらってチーム関係
で病気をやっつけるシナリオを創ってみてはいかがでしょうか?そのことが患者に
とって何より嬉しい対応であり、病院にとっても現場を動かしやすくする方法だと
兄貴は思います。







は厳しいです。
患者が充分な身体になるまで病院は診ていただけないかもしれません。

   どうしよう?

そんななかで患者が病気になったとき
患者と家族と病院側がチームとなること。
チームとなり同じ目線で病気に挑んでいく心がけが必要だと思います。病院側に
全て任せる姿勢はNG、たくさん話して相談して温度差を埋めることから始めましょう。

選択に「失敗」はない(患者向け記事)

病気は治るか治らないかは、分からない。病気を治す技術をもった医療者のみなさんが一生懸命診てくださり、治ることもあれば、治らないこともある。

私は、どんな結果になろうとも、自分(患者)の人生を取り戻そうと一緒に悩み考えてくれた人は、一生大切にしてほしい。そしてその人のためにも社会復帰となったら、その先起きる全てのことを「成功」に導けるように頑張るのが、患者の仕事だと思います。

もし病気が治らなくても、人生生きていれば良いことだって良くないことだって起こる。もし一生の宝物にしたいくらいの出会いや喜びがあったとする。その出会いや喜びは、過去の長年の人生の歴史があったからこそ出会えたわけで、過去の出来事が1つでも欠けていたなら、今日のこの素敵な出会いもなかったわけです。そう思うと、今の人生をプラスに導いてくれるのは、これから先に出会う人であり、そのためにも過去の自分をすべて受け止めて、頑張ることが大事なんだと私は思います。

嬉しい対応 ベスト3


今まで色んな患者さんに聞いたり経験した『嬉しい対応 ベスト3』

1位 必ず声をかけてくれる。
2位 以前した話を覚えている。
3位 否定しない。




1位 必ず声をかけてくれる

「自分の存在を認めてくれている」という感覚を受けるようです。「あの看護師さんはなぜか好印象だな」と思う場合、いつも声をかけてくれているとおっしゃる患者さんが多いです。

逆に、擦れ違っても声ひとつかけてくれない看護師さんなどは、あまり好印象をもたれていないみたいです。もちろん大事なのは実務だと思いますが、気分が前向きになるような交流って大事だと、兄貴は思います。

(看護師さんに当てはめると)
1日中一生懸命仕事してるのに「あれ?今日出勤してたんだ?気付かなかった」と言われたら不快じゃないですか?存在を認めてくれることってありがたいんです。



2位 以前した話を覚えている。

雑談程度の会話でした話などを覚えてくれている看護師さんには「ドキッ」としますね。とても嬉しいです。「患者のことを大切に考えてくれている」と受け取るのでしょうか?

ただこれは多くの患者さんを抱えていらっしゃる看護師さんに強いることではないと個人的には思っていますが、患者が嬉しい気持ちになることだけは確かです。



3位 受け止める。

患者が悩みを看護師さんに訴えるときには「答えが知りたい」という意味合いよりは「気持ちを受け止めて欲しい」という意味合いのほうが大きいと思います。

ですから簡単に答えを言われてしまうだけだと逆に反発をしてしまったりするのです。大事なことは患者の訴えをひとまず受け止めるだけにしてその場では否定しないことだと思います。



※極端な例
「声帯切除をすべきか」どうか悩んでいる患者さんの相談に対しどちらの言葉を患者さんが求めているでしょうか?
(A)『切っちゃったほうが後々楽ですよ』
(B)『切ると離せなくなるからツライですよね、ご自身も声を大事にしてきたと思うので、ツライ気持ちはとてもよく分かります。』


もちろん(B)です。答えを出されるより苦しみを受け止めてくれることを患者さんは望まれていると思います。(もちろん全員ではありませんが)




※これらは全て「する必要があるか否か」の議論ではありません。ただ「嬉しく感じる対応」を挙げているだけなので、ご了承のほどお願いいたします。


どうでしょうか?


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++

魔法の言葉


患者と医療者が良好な関係性を保ち良い医療を創り上げるための魔法の言葉があります。

「一緒にがんばりましょうね」


大事なこと

病気を治すための患者と医療者の在るべき関係性は「チーム関係」だと思います。病気を持った患者が病院に身を委ねるのではなく、患者と病院がチームとなって病気と闘うという関係性を保つことが、良い医療を創り上げる大事なコツです。

【患者】【病気】VS【病院】..........NG
【患者】【病院】VS【病気】..........GOOD!

そしてそのために必要となるのが医療者と患者がチームとなる手続です。これは入院時または初診時に、医師や看護師のほうから患者に言葉を投げかけてあげるだけでいいのですが、その言葉こそが『一緒にがんばりましょうね』なのです。


患者の気持ち

患者は病院にお世話になるにあたって感謝の気持ちを持ち「頑張ろう」と自分を鼓舞するのですが、ナーバスであるからこそ不安がいつもつきまといます。そんなときには、医療者から「一緒にがんばりましょう」と言ってもらえるととても嬉しく勇気がわいてくるのです(経験則)。

技術的なことはやってみなければ分らなくても最低限「一緒に闘ってくれる」姿勢が最初に見えるだけで患者は「この病院で頑張ってみよう」と思えてくると思います。


まとめ

協力関係を築くことが、スムーズで充分な良い医療を創り上げる第一歩


どうでしょうか?


++++++++++++++++++

読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
病気ブログ人気ブログランキングに参加中です。

クリックしていただけると大変な励みになります。

++++++++++++++++++++++++++++
 



●準備と心構え





●シミュレーション










[訪問者数]
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ